スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな訳の大浴場

2009.09.26 *Sat
20090926021851
今日はゴンドラにのってニセコの景色を堪能しようぜって筈が、帰りはまさか(でもない)の下山ルートですwwwもちろん行き当たりばったりで決まったためカジュアルとは言い難い服装での下山です。とりあえず股関節とか脹ら脛とか内腿とか死にました。山舐めんなよっていうくらいの傾斜と砂利道でした。

1時間かけて下山した後、足の湯に軽く浸かってからカレースープ屋さんに行くことに。
地元でよく行くスープカレー屋が辛さ最高値でもあまり辛くないので、ここで思い切っちゃって←辛さ20段階中の14に(アレレあまり思い切れてないですね)
そしたら唇が腫れて落ちるんではないかというくらいの激辛でした。スープ三口しか飲めなかったwww喉というより唇周辺が痛くて痛くて、頑張って具だけは全部食べきりました。ひー。飲み物のみたいというより、「水で唇を冷やしたい」でしたwww


その後ツリートラッキングだったかそんなものをやってきたんですが(木と木の間を渡り歩く奴)、よく高所恐怖症の私が頑張れたなってくらいの恐ろしさの連続でした。綱渡りとかはさすがにやらないよね~といった矢先に目に見えるメニューコースに命綱つけた状態での綱渡り場があって(綱というかワイヤー一本)「…うん」って感じでした。
バランス感覚悪いから~とか高所恐怖症だから~とかいってられないくらい家族づれが何組も後ろにいて、もう前に進むしかない、という状態になりました…。でもこんな恐ろしいのをやり遂げられるなら、高所恐怖症ではないのかも?と新たに自分を見直すことができて良かった良かった…ってよくねぇよ!
生きててこんなに股関節を広げることがあろうかというくらい広げて進みました。
下山に続いた運動に下半身はもうぱんぱんです(なんか卑猥な響きじゃないですか、そうですか)
我が家の旅行は決して体力的慰安旅行にはなりません。
スポンサーサイト
CATEGORY : 写メ*携帯
COMMENT (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

Copyright © 愛3錠 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。